ご近所の変な人

今日マンションの管理人から早朝七時に、ピンポーンされた。
何事かと話を聞くと、「この方お知り合いですか。
朝から貴方と約束してあるからと管理室の前で待っているんです。
」管理人の後ろに見知らぬ子どもを連れた女性が立っていた。
私は首をブンブン振って知りませんと答えると、その女性が「知らないわけないじゃない。
あんたの息子と同じ園の○○組の○山よ。
」いやいや、、、確かに息子は女性の言っている幼稚園に通っているが、クラスも違うし歳も違う顔も見たことない。
唖然としている私をよそに更に女性はしゃべり続ける。
「今日雨でしょ。
風も強いし、うちの娘ちゃんがかわいそう。
一緒に車に乗せなさいよ。
」一瞬何を言っているのか分からず、頭の中はフリーズ状態。
ようやく、ずうずうしいお願いをされていることに気付き「知らない人を乗せる義理はありませんので。
」と言い返し、ドアをそそくさとしめた。
いつの間にか管理人はいなくなっているし、気分の悪い朝でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る